;

ひとてまのブログ

お守り

お守り

ええ~い、控えぃ控えおろう! この紋所が目に入らぬか~!

家紋

水戸黄門でお馴染みの印籠。徳川葵紋...「三つ葉葵紋」。

と、いきなりですが、皆さんは自分ん家の家紋って、ご存知ですか?

私は、そもそも戦国時代の大河ドラマが好きで、
家紋に興味を持ち始めたんですが、戦国時代の武将は戦時に
自分の家紋を旗に高らかと掲げ、兜に付けて敵陣に乗り込んでいきます。
戦に負けたとき、自分たちが誇りにしている旗を踏まれ燃やされる。
・・・
・・・
誇り...つまり、家紋とはその家の「お守り」なんではないかと思うわけです。
どんな想いで、この形を自分の家のしるしにしたのだろう。
どんな気持ちで、それを背負ったのだろう。
知りたくないですか。ルーツを辿ってみると、結構面白いですよ。

そして、企業にも家紋ではありませんが、同じものがあります。
ロゴマークです。家紋がそのお家のお守りなら、ロゴマークはその企業のお守り。
何かあれば、そのロゴマークを見れば原点に立ち戻れるお守りだと思います。

家紋

このロゴマークが出てきてから丸3年が経ちました。
ちょうど3年前、今までの過去はどうだったのか。
現在考えていること。未来に向けてどうするか。
何度も何度もじっくりと話し合い、一緒に考えて下さった方がいます。
今では、「+ひとてま」のお客様。

家紋
△ひとてまの出来る要素になった概念

家紋
△ひとてまのロゴマークができる要素になったネジの向き「+」


とりとめのないお話となりましたが、丸3年を機にふっと思い
ブログにしたためようと思った次第です。

どうぞこれからも「+ ひとてま」を、引き続きよろしくお願いします。

家紋

家紋